宿泊プラン詳細

【1千年持つ和紙の作り方】~2泊3日で学ぶ、伝統手漉き和紙の技術と心≪ワークショッププラン≫

【期間】
2017年10月01日(日)から2018年09月30日(日)
伝統手漉き和紙のワークショップと宿泊、お食事がセットになった2拍3日プランです。

プラン内容
○ワークショップ12時間
○宿泊
○食事(朝、昼、夕)
○お茶休憩
○作品は後日郵送致します。送料はプラン料金に含まれております。

●ワークショップ
本格的な手漉き和紙作りに取り組みたい方に向けた12時間ワークショップです。指導は高知県より土佐の匠に認定された手漉き和紙作家ロギール・アウテンボーガルトが務めます。地域で無農薬栽培した和紙原料のみを使った、機械や薬品を一切使わない伝統製法での紙作りを原料処理から行います。1泊2日プランよりも一つ一つの工程に時間をかけて技術的な指導も行い、模様紙の制作も行います。原料の畑に囲まれた豊かな環境の中でのワークショップを通して、手漉き和紙の背景となる日本の自然や文化を体験できます。

・紙の大きさ…34cm×47cm、21cm×29.7cm
・紙の枚数…お一人様10枚程度作れます
・工程…原料と和紙についての話→畑、設備の見学→ちりとり→叩解→漉く→プレス→板干し
・プランの画像にて作業の様子をご覧いただけます。

●スケジュール
1日目
13:00 チェックイン
13:30~17:30 ワークショップ
18:30 夕食
2日目
8:00 朝食
9:00~12:00 ワークショップ
12:00~13:30 昼食
13:30~17:30 ワークショップ
18:30 夕食
3日目
8:00 朝食
9:00~10:00 ワークショップ
~11:00 チェックアウト

※スケジュールにご都合のある場合はご相談下さい。


●お食事
地元食材や自家栽培の野菜を中心とした家庭料理になります。

☆客室の内装はかみこやの手漉き紙を使っています。
●無線LANでや食堂のパソコンでインターネットがご利用頂けます。

◆観光
・雲の上温泉⇒車で15分
・檮原の街並み⇒車で15分
・四国カルスト天狗高原⇒車で20分
・四万十川⇒四万十川らしい中流域まで車で80分

◎持続可能な宿を目指しています
アメニティーには体と自然に優しい無添加の物をご用意しています。
歯ブラシ、パジャマをご持参ください。
プラン一覧へ